合気道とは
合気道は、開祖植芝盛平翁によって創始された現代武道です。
開祖植芝盛平翁(1883〜1969)は、「大東流」等の日本伝統の武術の奥義を究め、
さらに厳しい精神修行を経て合気道を完成しました。
合気道は、相手といたずらに力で争いません。
入り身と転換のよる体捌きから生まれる技によって、お互いに切磋琢磨し合って
稽古を積み重ね、心身の鍛練を図る事を目的としています。
合気道は、他人と優劣を競う事をしない為、試合を行いません。
お互いを尊重するという姿勢を貫く合気道は、いのちの大切さが尊ばれる現代に
相応しい武道といえるでしょう。

尚、龍昌寺住職越場豊明は、財団法人合気会から四段位を受け、
長野県支部和楽会道場主として、合気道を正しく世に広めていく為に、教室を開設しています。
教室予定と詳細

16:00〜17:00(金) 小2〜3
17:00〜18:00(金) 小4〜6
19:30〜21:00(金) 中・高生
19:30〜21:00(木) 成人

月謝
小〜中生    2,500円
高校生・成人  3,500円

入会期間 子供の新入会は、小2以上で、2〜4月と7〜9月のみ受付けます。